d+bアーキテクチャーblog

d+bアーキテクチャーのblogです

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

d+b staff

d+bアーキテクチャー

d+b staff

d+bアーキテクチャーのスタッフ日記

検索



カテゴリーリスト

広告

2017/08

19[土]

価値観の変化 [DESIGN(設計)]

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

夏休みになると、四国のおばあちゃんの家で、戸を開け放して蚊帳の中で、みんなで集まって寝ていた子供の頃を懐かしく思い出します。

そのような、地域で脈々と受け継がれてきた日本の伝統的な家は大きく変わってしまいました。
先の戦争の前と後では、まったく違った家が建てられるようになったといっても間違っていないと思います。

価値観が変わったのですから、その入れ物である住まいがかわるのは当然ですが...
まず、家の中から、ハレの部分が消えました。
都会に出てきた人たちは核家族化し、家制度の意識は薄れ、地域の結びつきも弱くなります。
その結果、結婚式や葬式などは外部化し、
かつては冠婚葬祭など公式の場として使われた座敷が不要になり、
純粋に「住む」という機能だけの住宅が生まれます。

また、共有していた価値観も崩れていきます。
戦前は都市部の住宅はほとんどが借家でした。
戦後、ドイツなどがアパートを多く建設したのに対し、日本は産業重視の政策から、持ち家政策をとります。

ニュータウンから通勤し、長時間労働が当たり前の時代に、
疲れ果てた夫に代わり、育児・家事・教育に加え、住宅をも主婦が背負い込みます。

欧米と違い住まいに関する教育も受けられず、毎日の多忙の中で選び抜いたのが、部屋数の多さと立派な設備、そして、日本とは思えない無国籍の外観でした。
海外から「ウサギ小屋」「ショートケーキハウス」を揶揄された住宅群は、残念ながら、ひどい街並みを形成しました。

近年、ようやく、そのような状況から抜け出しつつあるように思います。
日頃、建て主さんに接していると、夫婦で家づくりを楽しんでいる方が増えてきました。勉強熱心で、耐震や省エネといった機能面でだけでなく、植物の潤いや景観への配慮など、こちらが驚くようなこともお聞きします。

時間が経ちましたが、伝統的な住まいの良さを引き継ぎながら、それに比することができる、現代の家をつくる人たちが現れてきたように思います。

非常に変化が速い時代に生きていますが、
不変の価値観を信じて、楽しんでいきましょう。



画像(213x320)・拡大画像(426x640)

PS
里山住宅博も「まち」への提案。
まだ見れますので、ぜひお越しください。(ご予約ください)
https://kobe-sumai.jp/
次は、「つくば」で開催されるそうです。


Posted by d+b staff at 11:20   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )


コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.d-b.co.jp/blog/tb.php?ID=2162

ページのトップへ ページのトップへ

広告

http://www.d-b.co.jp/

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2010 d+b architecture All rights reserved.