d+bアーキテクチャーblog

d+bアーキテクチャーのblogです

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

d+b staff

d+bアーキテクチャー

d+b staff

d+bアーキテクチャーのスタッフ日記

カテゴリーリスト

検索


広告

2008/09

05[金]

最終回(尾生の家) [現場日記・尾生の家(注文住宅)]

本日は、午前中晴れていましたが、午後より雨が降り出しました。
気温は30度まで上がりましたが、涼しい風が心地よく感じます。

そんな中、本日は現場の清掃を行いました。
外壁を拭き、タイルを拭き、終わったと思ったら、雨が降って努力は消えてしまいました。
他の人の目に触れない努力は、神様が見ていると信じて・・・

画像(135x180)・拡大画像(300x400)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(135x180)・拡大画像(300x400)

建物の部分・部分を紹介し、「尾生の家」の現場日記は最終回とします。
はじめて、現場を担当させてもらい、喜怒哀楽のドラマッチックな日々を体験できました。
「みんなで一つのものを作る楽しさ」に、はまってしまいました。

この建物を一番楽しんだのは僕かもしれません。

工務部 大村


Posted by d+b staff at 15:30  Trackback( 0 )  Comment ( 0 )

2008/09

04[木]

検査(尾生の家) [現場日記・尾生の家(注文住宅)]

本日は、珍しく秋晴れの天気。
9月に入り、随分と涼しく感じます。

そんな中、現場も終わりに近づいています。
本日は、完成検査を3つ受けました。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

役所(防災センター)の検査

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

住宅保障の検査

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

施主の検査

いずれも無事合格いただきました。
ほっと一安心です。


Posted by d+b staff at 15:32  Trackback( 0 )  Comment ( 0 )

2008/09

03[水]

建具工事(尾生の家) [現場日記・尾生の家(注文住宅)]

本日は生憎の雨模様。降っては止み、降っては止みの繰り返しでした。

そんな中、雨の合間をぬって、アプローチの木製格子戸を取り付けました。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

高さが約2.6mのものを二人がかりで吊り込んでいきます。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

木塀の斜めと格子戸の小口の調整を削ってはめ、の繰り返しで微調整し、ぴったりとはめ作業終了です。

変形の敷地が、アプローチの変形に作用し、歩くのに楽しい空間に仕上がったと思います。
新しいけど、どこか懐かしい雰囲気が漂っています。


Posted by d+b staff at 15:34  Trackback( 0 )  Comment ( 0 )

2008/09

02[火]

植栽工事(尾生の家) [現場日記・尾生の家(注文住宅)]

本日は、晴れの天気。31℃の気温まで上昇。
ご無沙汰してました、「尾生の家」です。

先日、会社のミィーティングで「現場日記の写真をセンス良く」と指摘を受け、更新に躊躇していました。しかし、「今日明日でセンス良くなるわけない。毎日続けること。自分に出来ることをやるのみ。」とヒラキナオリ、一日置いて書くことにしました。

そんな中、植栽工事を行いました。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

ヤマボウシ株立ち3.5mです。アプローチの正面でシンボルツリーとなる主役です。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

その廻りにコクマササを密植させました。

アプローチを通り、庭を見る体感は、今週末のオープンハウスでの楽しみにして下さい。


Posted by d+b staff at 15:36  Trackback( 0 )  Comment ( 0 )

2008/08

27[水]

外構工事(尾生の家) [現場日記・尾生の家(注文住宅)]

本日は、曇り時々雨の蒸し暑い一日でした。

夕方になると、祭りの練習の太鼓の音が鳴り響きます。
岸和田のだんじり祭りに対する意気込みは、他所から来た僕にとっては異様に感じ、街全体が活気立って感じます。
「祭り」は、都市造りで一番大切なことではと思えてきます。「祭り」が街に溜まったストレスを発散させ、街全体をまとめてくれる。難しい都市計画や、パタンランゲージ、コミュニティーの形成、歩車分離などの考えより、「祭り」が都市形成に効果的に作用するのでは・・・とぶつぶつ考えながら・・・。

そんな中、外部で昨日積んだコンクリートブロックの上にシラス壁を塗りました。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

左官工事は現場でも一番厳しい仕事です。
朝一番に今日の塗る範囲を見て、時間・材料を把握し、一度練り始めたら、一気に休憩・食事なしで塗っていきます。
「一度練り始めたら、親の死目にも会えない。」と言われるほどです。
こんなに時間と真剣に対峙している仕事はないのかもしれません。


Posted by d+b staff at 15:39  Trackback( 0 )  Comment ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

広告

http://www.d-b.co.jp/

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2010 d+b architecture All rights reserved.