d+bアーキテクチャーblog

d+bアーキテクチャーのblogです

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

d+b staff

d+bアーキテクチャー

d+b staff

d+bアーキテクチャーのスタッフ日記

カテゴリーリスト

検索


広告

2010/12

07[火]

引続き 外壁とか・・・・ [現場日記・セットバックの家(注文住宅)]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

屋根も終わりました。
残りの外壁も一気し仕上げていきます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

防水紙を下地に貼り、外壁内側の通気層を確保するため胴ぶちを打ちガルバリウムをはります。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

外壁以外にも内部工事もいろいろやってますので少しご紹介いたします。

まずは
天井工事
断熱材を入れてから

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

石膏ボードで隠蔽していきます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

床暖房パネルの設置
これでフローリングが貼れる準備ができました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

造作工事一部
洗面台およびユーティリティー

大工さん、職人さんのがんばりで作業ペースも少し上がってきました。


Posted by d+b staff at 08:23  Trackback( 0 )  Comment ( 0 )

2010/12

03[金]

屋根工事 [現場日記・セットバックの家(注文住宅)]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

引続き外部工事です。
今回は屋根工事です。

ルーフィングを敷いて防水をします。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

屋根は約15mあるので8mの屋根材を継いで葺きます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

完成です。


Posted by d+b staff at 19:55  Trackback( 0 )  Comment ( 0 )

2010/12

01[水]

防水工事 [現場日記・セットバックの家(注文住宅)]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

雨を受けるのは屋根だけではありません。
セットバックの家にはバルコニーがあるのでバルコニーの防水も行います。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

防水にはFRP(繊維強化プラスチック)を使用しているので強度+防水性能は十分にあります。


Posted by d+b staff at 08:51  Trackback( 0 )  Comment ( 0 )

2010/11

06[土]

壁仕舞2 [現場日記・セットバックの家(注文住宅)]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

壁仕舞2として今回ご紹介するのはお隣さんに面する壁の施工です。
従前が長屋だったので細長くお隣さんとの外壁との距離が非常に接近しているので、足場を建てることができません。
そこで、今回は部屋内から壁を作っていくことにしました。
それでは施工の様子をどうぞ


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

通常は 構造用合板を外側から一枚貼っていきます。
が内側から壁を作っていくので高さ 約40cmに構造用合板をカットして下から壁を積み上げるように作っていきます。

まずは一段目

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

1段目が貼れたならばこの上に防水紙、胴ぶち、ガルバリウム鋼板の順で貼っていきます。

写真はガルバを貼っている途中の写真です。手前の白い部分が防水紙です。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

胴ぶちもしっかり入れているので結露対策として通気層も確保しています。

積み上げながらの施工なので1日で3段程度のベースで作っていきます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

少しづつ積み上げて外壁が完成です。準備を入れて2週間かかりました。


Posted by d+b staff at 19:54  Trackback( 0 )  Comment ( 0 )

2010/10

25[月]

壁仕舞 [現場日記・セットバックの家(注文住宅)]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

骨組みが出来上がれば、屋根と壁と作っていきます。
まずは壁です。
まず、壁を支える真柱を建て
構造用合板で壁を作っていきます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

構造的に重要な耐力壁については指定された釘、釘ピッチで柱、真柱に固定していきます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

窓が入るところには予め枠を組んでおきます。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

これで壁の仕舞は終わりです。と言いたいところですが、西側の壁がお隣さんと接近していているので、内側からから壁を作っていきます。その様子は次回、ご紹介いたします。


Posted by d+b staff at 22:41  Trackback( 0 )  Comment ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

広告

http://www.d-b.co.jp/

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2010 d+b architecture All rights reserved.