d+bアーキテクチャーblog

d+bアーキテクチャーのblogです

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

d+b staff

d+bアーキテクチャー

d+b staff

d+bアーキテクチャーのスタッフ日記

カテゴリーリスト

検索


広告

2011/07

16[土]

最終回 [現場日記・庄内の家(注文住宅)]

「小さく住むこと、無駄に大きな家に住まないことは、もっと語られていいと思います。小さくまとめようとすると、必然的に無駄をしないように考えることになります。」

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

「持続可能な住まいづくりを考える時、小さな家は最大のエコなのです。小さな家は省資源であり、省エネです。」

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

「より小さく住むということは、美徳なのかもしれません。」

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

「小さい家は決して狭い家ではありません。」

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

「小さく住むということは、決して貧乏たらしいということではありません。必要なものとそうでないもの・・・これからの生活を整理し、よく考え抜いて設計した結果なのです。」

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

「それはむしろ豊かさを生み出すと思います。」

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

以上の文章は、伊礼智の住宅設計作法「小さくまとめる」より。

僕も小さな家に惹かれるタイプです。
だから、敢えて「小さいから心地よい居場所」と言いたいのです。

現場は溶けそうになるくらい暑く、ジンジャーエールもききません。しかも土曜はダメ男なので、文章もヘロヘロです。
こんな中「庄内の家」最終回。ちゃんと締めれるか…。僕も小さくまとめてみようと思います。

「ものの美しさって、作られたときは半分で、あとの半分は使い手が育てるもの。新しく作られたものって、どうしても頑張っていたり、作り手の作為や自己主張が見えてしまうけど、自然な時間経過によって、そういうものが抜けてきて、自分と親しくなれる。そんな気持ちがありますね。」

古道具屋店主、坂田和賓さんの言葉。家も同じで、自分と親しくなったころが、美しい姿だと思います。美しい姿に成長することを楽しみに施主様に引渡しします。

工事に関わった皆さん、本当にありがとうございました。
また次回もよろしくお願いいたします。

施主様の熱意で熱中症になりながら。


Posted by d+b staff at 13:47  Trackback( 0 )  Comment ( 1 )

2011/07

12[火]

植裁工事 [現場日記・庄内の家(注文住宅)]

「英語のHOUSEとHOMEの意味にどれだけの違いがあるのか、浅学ゆえにわからないけれど、バード・バカラックの歌に「A HOUSE IS NOT A HOME」というのがあるくらいだから、まったく同じではないだろう」(岡本仁/BRUTUS 712・イームズハウスはイームズホーム)

僕もハウスよりホームを見たい派。竣工写真より竣工後写真派。オープンハウスよりオープンホーム派です。
定期点検やメンテナンスで数年経った姿を見ると、写真に取りたくなります。特に自分流の使いこなしが出ているとグっとくる。そうきたか〜っと。突然、写真取っていいですかと業務優先で言いにくいのですが…

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

さて現場は午前中、植裁工事。
建物に命を吹き込む作業です。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

玄関横にはシンボルツリーのイロハモミジ。
高橋名人がなにげに、方向を調整し、枝をカット。見違えるように変化します。こういう作業には口出ししません。職人さんの経験とカンにおまかせ。総理のカンにはおまかせしませんが。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

そして、前面道路側の三角地帯にオカメザサを。
小さい笹を植えた理由。ナイショです。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

植裁工事していると、近所のおじいちゃん・おばあちゃんが集まり出して、質問攻めにあいます。きっと今ホットな話題が植物なのでしょう。今度植裁のイベントしようかな。高橋名人に頼んで。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

さて、今週末はオープンハウスです。
夕方からBAR営業となります。玄関で壁を見つめながら冷えたビールを飲みませんか?そして、ホームについて話しませんか?
もちろんBAR営業は嘘です。
しかし、この左官壁を生で観たい、玄関の空間を生で感じたいちょっと変わった人がいたら、是非足を運んでください。どっちかというと男のヒトの好みかもしれませんが…。


Posted by d+b staff at 18:00  Trackback( 0 )  Comment ( 0 )

2011/07

08[金]

電気工事(照明) [現場日記・庄内の家(注文住宅)]

「椅子はいまも椅子。たとえ座る人がいなくても。でも椅子は家じゃない。そしてあなたを抱きしめて、おやすみのキスをしてくれる人がいないなら、家はホームじゃない。」(BRUTUS 712/イームズハウスはイームズホーム)

現場は、午前中、役所の検査。
無事合格。

そして、電気工事で、エアコンの取り付けと照明やスイッチのテスト。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

まず、電流チェックの後、照明の点灯チェック。角度調整。照度チェックなどなど。使い勝手が重要なので使いやすい位置にあるか再チェック。そして夜の風景を楽しむためのチェック。

この玄関はヤバイ。みんな入ってくるたび「お〜」と言う。
夜の表情が特に良い。今度のオープンハウスは夜にしようかな。もちろん、タイトルは「夜の会」で。


Posted by d+b staff at 21:05  Trackback( 0 )  Comment ( 0 )

2011/07

07[木]

内装工事(畳) [現場日記・庄内の家(注文住宅)]

「「笑い」と「悲しさ」って、実はけっこう「表裏一体」なんじゃないか。」(松本人志/仕事の流儀)

相変わらずの松本流上から目線。しかしこの人の「上」はレベルが違う。世界が見渡せるレベル。姿が見えないくらいだから気にならない。逆に中途半端な「上」は目障りだ。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

さて、現場の方は、床の塗装のあと、メインの畳が入っています。床の塗装でどうかわるか、そして畳が入りどうなったかご覧ください。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

塗装後。天気が雨のため少し暗いですが・・・。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

そして、畳入れ後。
点景写真のつもりがズレてます…ご勘弁を。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

畳は日本製イグサの琉球畳。
畳リビングにはちゃぶ台が入り、TV&食事。その後確実に寝転びます。そしてうたた寝。羨ましいです。


Posted by d+b staff at 18:39  Trackback( 0 )  Comment ( 0 )

2011/07

05[火]

美装工事 [現場日記・庄内の家(注文住宅)]

「僕は環境をコントロールするよりも、それを楽しむのが大事だと思っています。」(藤本壮介)

「エコ」と「節電」。なにがエエことなのかしっかり考えてみようと思う。まず、「快適さ」と「心地よさ」は違うことを理解することから。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

現場は、大好物の美装工事。只今清掃中。
タイルやガラスなど、僕達がやるとどうしてもこんなにキレイにならないので、隠れて薬品や道具など調査中。毎回聴き込みも欠かしません。

そして、清掃後の爽やかな空気を入れて、写真。
空気は写らないけど、移るんです。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

本日は2階部分のみ披露。
2階リビングの真ん中には畳が入り、畳リビング完成になります。
明日の塗装後、また雰囲気が変わります。
一番に見たります!


Posted by d+b staff at 18:28  Trackback( 0 )  Comment ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

広告

http://www.d-b.co.jp/

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2010 d+b architecture All rights reserved.