d+bアーキテクチャーblog

d+bアーキテクチャーのblogです

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

d+b staff

d+bアーキテクチャー

d+b staff

d+bアーキテクチャーのスタッフ日記

カテゴリーリスト

検索


広告

2012/05

11[金]

最終回 [現場日記・宝塚の家(注文住宅)]

「土と植物を相手にする仕事は、瞑想するのと同じように、魂を開放させてくれるのです。」(ヘルマン・ヘッセ/庭仕事の愉しみ)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

宝塚の家です。こんばんは。
いよいよ最終回です。
現場はばたばたですが…
最終回に相応しく、植裁工事で締めくくりです。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

やっと、建物に生命が入りました。
シンボルツリーは表ヤマボウシと裏イロハモミジ。
足元はコウライシバとオカメザサ。
ベーシックな仕上がりですが、ここに自分たちの花や木を育てていただけたら嬉しいです。果物・野菜ならなおいいです。

「自然が望むことを自分も望むという方法を選ぶことに、自分の少しばかりの意思の自由を適用する。」(ヘルマン・ヘッセ)

この宝塚の家は、外に対して閉じている家に対して、自然や近隣などの周辺環境に開くとはどういうことなのか、考えるきっかけになる家だと思います。自然や近隣に親切にすると、窓を開けると風と親切が入ってくる、そんな気がします。

関係者のみなさんありがとうございました。そしてまた今度よろしくお願い致します。

明日は施主様の御好意によりオープンハウスです。景色を見るだけでも価値ありです。そのついでにぶらっと寄って頂けたら嬉しいです。来れない方、残念無念。

最終回で涙が出そうなので、このへんで。
ではでは。


Posted by d+b staff at 19:58  Trackback( 0 )  Comment ( 0 )

2012/05

10[木]

外構工事(続コンクリート) [現場日記・宝塚の家(注文住宅)]

「笑い
不幸を忘れる程に不幸ではなかった
幸福を忘れる程に幸福ではなかった
陽が昼を そして 星が夜を語り続けた
むしろ大層美しい沈黙が
誰の心でもない私の心を
在ることは流ない
去くものも来るものも
今だけをしっている
訊ねる心も許されぬ
そんな今を終えることもなく
しかしある日ふと人はわらうだろう」
(谷川俊太郎詩集/思潮社/天牛書店/¥100)

好きな時、好きなページを好きなだけ読めるのでこの本は良い。ポケットに詩集を!

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

宝塚の家です。
こんばんは。本日は無事コンクリート打設完了。

急ピッチでブログ更新中。前回が回数稼ぎで、次回が最終回だと気づいてる方…その通りです。最近書いている人より詳しい人がいて困ります。そういう変な方は迷わず病院へ。

今週、土曜日と日曜日はオープンハウスです。
なので本日は内部の写真を、パラパラとお見せしますので、想像を膨らませてください。
これ以上気になる変な方と暇でしょうがない方、是非足を運んでください。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

当日は、ベランダと庭を使って、ビアガーデンをやります。もちろん嘘です。僕は工事が残っているので作業中になりますが、安全ですので、是非期間限定の眺めを見に来てください。きっと隣にいる人の手をそっと握っているでしょう!

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

ビール片手にお待ちしています!


Posted by d+b staff at 18:58  Trackback( 0 )  Comment ( 0 )

2012/05

09[水]

外構工事(コンクリート) [現場日記・宝塚の家(注文住宅)]

「嵐を起こして 全てを壊すの 嵐をおこして 素顔を見せるわ」
(嵐の素顔/工藤静香)

重要なのは周りじゃなく、自分の殻を壊すということ。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

宝塚の家です。
こんばんは。

本日は、朝一嵐、夕方嵐の異常気象。
その合間を縫って、急ピッチで作業。

明日、コンクリート打設。
やることいっぱいなので、今日は簡単に。

ではでは。


Posted by d+b staff at 20:01  Trackback( 0 )  Comment ( 0 )

2012/05

06[日]

外構工事(ガラスブロック) [現場日記・宝塚の家(注文住宅)]

「前もってのテーマもなく、話の順序も考えずにじつのところは気まぐれに近い記憶を追いながら、ただ自分なりにたしかと思える住まいというものの感触だけを探ってきたつもりだが、それが住まいの本と認められるのかどうか。これこそ住まいの本とこっそり主張したいのでもあるが。」(植田実/住まいの手帖)

この本はオモロかった!これこそ「ぼくの十本(建築編)」に選びますとこっそり主張したい。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

みなさんお待ちかねの「宝塚の家」です。
昨日は朝からええ天気。
仕上げの乾燥が早く焦ります。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

昼食を取る暇もなく、押えていきます。
こういうのを見ると、職人さんに参りましたとなってしまいます。

一方、僕の方は前日に打ち合わせした材料を用意し、墨出し+セットしていきます。
仕事の本質は準備(段取り)にあると思います。この準備に時間と労力がかけれないと作業がうまくいきません。よく現場で変更が発生した時、まだ作業してないので間に合うだろうと言われるのですが、実はその前の重要な段取りが進んでおり、もっと正確に言うと、図面の読み取り・検討・材料発注などが進んでおり、その作業をする前に8割は進んでいるのです。これが変わった瞬間、現場の流れはストップし、今までの段取りをキャンセル、さらに次の検討・段取りと倍の時間を要します。一番痛いのは現場のモチベーションが下がり、作業が上手くいかなくなることです。
まあ、こんな事書いてどうすんだという批判の声があるでしょうが、これが現場の声で「あぁ、わかる」と思うどこかの現場監督がこっそりとニンマリとしていただけたら嬉しいです。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

擁壁とスラブの間にガラスブロックを積んでいきます。
3段積んだ時点で、出来ましたねと職人さんに声をかけると、「これからやでぇ」と。

確かにそこから目地詰め+清掃と暗くなるまでかかりました。読みがあまかった…作業も簡単じゃない…反省です。


Posted by d+b staff at 06:33  Trackback( 0 )  Comment ( 0 )

2012/05

04[金]

外構工事(階段) [現場日記・宝塚の家(注文住宅)]

「僕がやっていることは世の中のオマケとか付録のようなものであるから、気がついた人たちだけがオマケをもらった気分になればいいと思う。」(林丈二/林丈二的考現学―庇と富士山―)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

GW中。よんちゃんはいつもと同じ過し方。
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

こんにちは、宝塚の家です。
通り雨がコンクリートを染めていくのさ、なんて言ってられないのさ。現場は誰も出入りの無い時を狙い、アプローチのモルタル仕上げ中。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

まず本日は下塗り。明日上塗り。どうか晴れますように!
明日また登場します。


Posted by d+b staff at 16:58  Trackback( 0 )  Comment ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

広告

http://www.d-b.co.jp/

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2010 d+b architecture All rights reserved.