d+bアーキテクチャーblog

d+bアーキテクチャーのblogです

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

d+b staff

d+bアーキテクチャー

d+b staff

d+bアーキテクチャーのスタッフ日記

カテゴリーリスト

検索


広告

2007/08

01[水]

外壁塗装下地上塗り [現場日記・桃山台の家(注文住宅)]

先日の明け方の土砂降りを除き、わりと良い天気が続いています。
そのため、外壁の塗装下地の左官塗りを進め本日は上塗りを行いました。

画像(135x180)・拡大画像(300x400)

吹付け塗装の下地となるため、先日までの下塗りとはことなり、平滑に外壁用のモルタルを塗りつけました。


Posted by d+b staff at 11:02

2007/07

26[木]

外壁塗装下地左官塗り [現場日記・桃山台の家(注文住宅)]

じめっとした曇り空の下、先日施工したラスに吹付け塗装の下地となるモルタルを塗りました。
まず最初に出隅部分に角がしっかりおきるよう糸を張って定規をモルタルで取り付けました。
そして奥から順番に壁面に塗りました。

画像(135x180)・拡大画像(300x400)

建物の内部では、額縁や梁・巾木など木部にオイルステインを塗布しました。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)


Posted by d+b staff at 14:39

2007/07

06[金]

外壁ラス貼り [現場日記・桃山台の家(注文住宅)]

本日は外壁の左官下地になるラス(lath)を施工しました。
ラスは塗り壁の下地材として用いる金網で、メタルラス・リブラス・ワイヤーラスなどあります。
当社ではWラスを使用しています。
モルタルとラスが完全に一体になることが必要です。
Wラスは150mmピッチで縦横に力骨(1.6mm径の亜鉛鉄線)がセットされており、壁から少し離れます。
そのためモルタルの中心にラスが入るため、割れにくいモルタル下地が作れます。

画像(135x180)・拡大画像(300x400)


Posted by d+b staff at 14:42

2007/07

02[月]

階段取付 [現場日記・桃山台の家(注文住宅)]

内部の造作工事も順調に進み、本日は階段を掛けました。
当現場はスキップフロア(建物の室内において、床に段差をつけて上下の空間を分割する)のため、階段が多いです。(短い階段もありますが。。。)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

上記写真は浴室や洗面所のあるフロアからリビングなどに通じる5段ほどの短い階段を施工しているところです。

他の大工はボード貼り工事を行いました。
天井に9.5mmの耐火ボードを貼りました。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

機械式のビス締め機で1本1本留めていきました。


Posted by d+b staff at 14:44

2007/06

27[水]

床暖施工 [現場日記・桃山台の家(注文住宅)]

床の下地貼りも終わり、本日は床暖を施工しました。
床暖房を敷設する位置を出し、その墨を目印に温水マットを敷きこみました。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

釘を打設出来るところにビスで固定しました。
そして温水マットを敷設した後、行き帰りの温水の配管を接続しました。

温水マットと高さをそろえる為、床暖設備の周りに合板を貼り、明日の床材を貼るための作業は完了です。


Posted by d+b staff at 14:45

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

広告

http://www.d-b.co.jp/

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2010 d+b architecture All rights reserved.