d+bアーキテクチャーblog

d+bアーキテクチャーのblogです

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

d+b staff

d+bアーキテクチャー

d+b staff

d+bアーキテクチャーのスタッフ日記

カテゴリーリスト

検索


広告

2013/02

05[火]

仕上げ中 [現場日記・片流れ屋根の家(注文住宅)]

こんばんは「片流れ屋根の家」です。

現場は仕上げ真っ只中。これまでの下地に仕上げ材を上に被せていくわけですが、壁ではクロス・左官・タイル・レンガ・シナベニヤ、天井ではクロス・シナベニヤ、素材の違うものの取合いをどう見切るか、種類が多くなるとなかなか手強いですね。

画像(135x180)・拡大画像(300x400)

画像(135x180)・拡大画像(300x400)

画像(135x180)・拡大画像(300x400)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(135x180)・拡大画像(300x400)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

太陽光乗っけてます。
軒天が黒なので配管も黒にしてます。電気屋さんキレイにしてます。

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(135x180)・拡大画像(300x400)

もう少しで先が見えそうな予感・・・。

現場日記・すいどう道の家(注文住宅) [現場日記・すいどう道の家(注文住宅)]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

現場日記・すいどう道の家です。まずは現在の状況から。外壁の下地工事が完了し、次は塗装です。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

内装工事も着々と進行中です。写真は玄関から入ったところの玄関土間スペース。正面の大きな開口の向こうには坪庭ができます。植栽はイロハモミジ。スポットライトでライトアップし、夜の景色を演出します。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

写真はキッチンバックの収納部分を製作しているところ。大工さん、ありがとうございます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ところで、初めて敷地を訪れた時の写真がこれ。見渡す限りの青空と、景色。この魅力的なロケーションをいかに活かすか、というところから計画はスタートしました。

画像(135x180)・拡大画像(240x320)

これから順次工事の状況をレポートしていきますが、これまでにあったさまざまな出来事(例えばこの写真。何をしているところでしょう?)も、合わせてアップしていきたいと思います。乞うご期待☆

時代劇のススメ [DESIGN(設計)]

画像(180x127)・拡大画像(267x189)

年末年始に撮り溜めていた映画やドラマの鑑賞を始めています。
昭和初期のモノクロや70年代の洋画に交じって、最近の時代劇が2本。


どちらも活劇ではなく淡々とした人情劇でしたので、夫婦や家族の間でも交わされる丁寧な言葉使いやきちんとした立ち居振る舞いの美しさ、そこから生まれる凛とした静寂と沈黙の美が一層強く心に残りました。

画像(180x101)・拡大画像(293x166)

歩く姿や食べる仕草の無駄のなさは、美しさだけではなく他に対する気遣いから生じたもの。
控えめを常とし、必要のない動きや言葉を極力省くが故に、いたるところに静けさが広がります。
そんな中でひっそりと日々の移ろいを感じ、それを心に置き沈める姿の何と美しいこと。
沈黙で語る意志の何と聡明なこと、そして強弁なこと。
佇まいの美しさが、生き方の美しさをも表現しているかのような映像でした。

わずかな間に、随分と縁遠くなってしまったこのような日本の美。

画像(180x122)・拡大画像(272x185)

昨今では時代劇の人気が低く製作本数も激減しているとのことで、実質的な技術や所作の継承だけでなく、それらを目にする機会そのものの激減が及ぼす損失が危惧されているようです。

言語や生活スタイルが変化した中において、一時だけでもかつての空気に触れ、培われてきた文化を感じることのできる時代劇。
継続して良品を生み出せる環境を維持するためにも、少しでも多くの人の目に留り、見直されて欲しいものです。

(設計:仲野)


Posted by d+b staff at 10:56

2013/02

04[月]

基礎完了・設備仕込中 [現場日記・段差を生かす家(注文住宅)]

こんばんは「段差を生かす家」です。

季節はずれの陽気な日が続くこのごろ。毎朝最高気温をチェックし作業着の枚数を決めてます。暖かい日が続いているためか花粉の量も例年の9倍だそうで、花粉症の人には嫌な季節到来ですね。

現場は基礎工事完了し設備の仕込み真っ最中です。今週末の土台敷きに向けて着々と進んでいます。

画像(135x180)・拡大画像(300x400)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

中庭部分の水が宅内に入らないよう外側から防水です。止水板とで2重防水です!

画像(180x135)・拡大画像(400x300)

設備屋さん重機が上の敷地には上げれないので手掘りで頑張っています。

画像(135x180)・拡大画像(300x400)

画像(135x180)・拡大画像(300x400)

画像(180x134)・拡大画像(400x298)

明日で配管仕込み完了です。
今週も頑張りまーす!

きっかけ [DESIGN(設計)]

先日、我が子は急に「僕も仕事する」と言い出して紙と鉛筆を持って食卓の上でなんか忙しいそうで書き始めました。しばらくして覗いて見ったら彼の作品に感動されました。

画像(180x135)・拡大画像(500x375)

初めて、いくつの四角の箱しか見えない絵だったけど、よく見ると彼は家の図面を書こうとしています。
「こっちは、トイレで、こっちは玄関で、こっちはソファとテレビが置くところだよ」と説明してくれました。
「この一敗の線は何?」と聞いたら、「寸法ですよ・・・1センチ、2センチ・・・10センチまであるわ」。

画像(180x135)・拡大画像(500x375)

画像(180x135)・拡大画像(500x375)

この場面を見て、自分と建築の初めての出会いを思い出しました。
小学校の時、建築専門学校に通っていたおじさんが書いた図面をいつも興味心身で見ていました。あのきっかけで、建築の仕事に興味を持ち、今、建築の仕事をしています。

これから、我が子もどこまでこの興味を持ちつづけるのは楽しみにしています。

設計 リン


Posted by d+b staff at 10:52

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

広告

http://www.d-b.co.jp/

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2010 d+b architecture All rights reserved.