佇まいまで、
シンプルに。

ブログ

感想を聞いて

毎週末、里山住宅博には多くの人が来られます。
眺望の良さは皆さん感嘆するところですが、建物のシンプルさがそれを強調していることに気づかれる、プロ顔負けのセンスをお持ちの方もおられます。

意外と多い質問が、「照明のスイッチの位置が低いですね。何かあるのですか?」というものです。
スイッチの位置は、床から90cmとしていますが、その理由は、
・できるだけ存在を目立たないよう
・建具の引手と揃える
・ちいさな子も手が届く
ということからですが、細かいところまで、よく見ていて感心します。

また、キッチンの壁に使っているフレキシブルボードというセメント板が好評です。
倉庫や工場で使うような材料で住宅ではあまり使用例がないと思いますが、床を土間コンクリートとしているので馴染むと考え、壁の一部に用いました。
少数の方には理解いただけると思っていましたが、あまりに多くの方が良い印象を持たれるようです。小ぎれいなキッチンパネルやビニールクロスには飽き飽きしているのかもしれませんね。思い切った提案をして良いんだと意を強くしました。

いろいろなご感想をお聞きし、楽しく勉強させていただいてます。