佇まいまで、
シンプルに。

ブログ

パッシブデザイン

パッシブデザイン

 

パッシブデザインという言葉をご存じでしょうか?
簡単にいうと、
「冬暖かく、夏涼しく、風が通って明るい建物」を設計することです。

最近、特に断熱に対する関心が高まっています。
いろいろなハウスメーカーがアピールしていることもあると思いますが、断熱材についての質問も良く受けます。
意識が高まっていることはたいへん良いことですが、
意外と知られていないのが、断熱性を高めていくと冬は快適になりますが、夏は熱が逃げないので、通常暑くなということ。
こうしないためには、夏の遮熱を考えないといけないのですが、
安易に、太陽光発電で冷房。。とななりがちなのが現状です。

そこで、注目されているのがパッシブデザインという考え方です。
「自然エネルギーを上手く取り入れ、快適に過ごす」こと目標とします。
建築的な手法として例をあげれば、
夏の日射を遮り、冬の太陽熱を採り入れることができるよう、建物の軒の出や窓の高さ、ガラスの種類を調整します。
また、室内に風を通すために、吹抜けを設けたり、窓の位置や開き方を検討し、
条件によっては蓄熱できる素材を使うことなども考えられます。

断熱性を高めた小さな窓の家で、エアコンで快適に過ごす家とは全く違うコンセプトがパッシブデザインです。

断熱に関心を持つことはもちろん良いことです。
ただ、もう一歩進んで、パッシブデザインに興味を持っていただければと思います。

大学のゼミで学んでいた頃は「パッシブ」という言葉が、日の目を見るとは夢にも思ってもいませんでした。
この背景としては、東日本大震災後の省エネ化の流れとともに、パソコンの普及で熱のシミュレーションができるようになったことがあります。
かつては、経験と勘に頼っていたところが、今は数字で裏付けすることができようになりました。
その結果、このプランでは、このような室温で、電気代はこれくらい。ということが言えるようになりつつあります。

パッシブデザインで、住み心地の良い家をつくりましょう。

 

パッシブデザイン

 

PS
里山住宅のモデルハウス「南北に抜ける家」には「水盤」と呼んでいる池があります。
先日見ると、メダカの赤ちゃんが生まれていました。
かわいいですよ。見に来てくださいね。